新潟県上越地方でこの時期に食べられる川渡餅(かわたりもち)をご存知ですか?
「かわたりもち」と発音します。

当地では学校給食にも、出ます。どんな餅なのか、解説します。

川渡餅(かわたりもち)とは?その由来は?

新潟県上越地方では11月30日から12月1日にかけてあんころ餅を食べられます。主にこしあんが中心です。このあんころ餅のことを「川渡餅(かわたりもち)」と呼びます。

普段はあんこ餅ですが、この時期だけそう呼びます。

また、発音も「かわたりもち」と呼ばれ親しまれています。

かわたりもちの由来

上越地方では地元の英雄、上杉謙信が武田信玄と争った永禄4年(1561年)9月10日の川中島の戦いの際、開戦に先立って士卒に餅を振る舞い、士気を鼓舞した故事にちなんでいる、といわれています。市内では学校給食に川渡餅(かわたりもち)が出ます。そのときにそう教えられました。ただ、最近の学校では、出ないようです。

また、古来から12月1日は「川浸りの朔日」(かわびたりのついたち)という水神様の縁日だそうです。戦国の故事と古来の縁日が結び付いて、この時期に「かわたりもち」を食べるようになったのですね。

というわけでこの地方に住む人々は川渡餅が店にならぶと本格的な冬が来たことを感じるのですね。

11月30日になると、市内のお菓子屋ではかわたりもちを販売

新潟県の上越地方では、11月30日になるとかわたりもちを販売します。

市民はこれをたべて戦国の英雄、上杉謙信をしのんでいます。