ホワイトエビとは?

エビの種類も色々とあります。

同じ車エビ科でも色々と別れています。

スーパーで売っている海老っていろいろあるけど、何が違うの??という質問をよく受けます。

ホワイトえび、ブラックタイガーえび、バナメイえびなど、確かにいろいろありますね。

みなさんはエビを価格だけで選んでいませんか?

エビの種類を知れば、料理の幅が広がる・・・・かもしれませんよ。

そんなわけで、いろんなエビの違いを解説していきます。

ホワイトえびとは?いろいろなホワイト系を総称している!

ホワイトエビとは、東南アジアで漁獲される天然のエビです。

ホワイトエビ、という種類がいるわけではありません。

白っぽい、クルマエビ科のエビを「ホワイト系」ホワイトエビと呼んでいます。

ホワイト系コウライエビ(タイショウエビ)

コウライエビ(タイショウエビ)もホワイトエビと呼ばれるエビの一つです。
タイショウエビという名前の由来は大正組という事業体が取り扱ったこと、大正期に獲れ始めたことに由来します。
参照「ぼうずこんにゃく」さんのサイト
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A8
%E3%83%93

以下、消費者庁のサイトからの引用です。
標準和名はコウライエビ。
学名(種名)はFenneropenaeus chinensis
標準和名に代わる一般名称(例)として、タイショウエビとなっています。
消費者庁「標準和名のサイト」参照
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/hyouzi/pdf/siryou2-7.pdf

このコウライエビは、中国の渤海と黄海で漁獲されるそうです。

「食材図鑑」より

とすると、現在では以下のインドエビがホワイトエビとして主に流通していると思われます。

ホワイト系インドエビ

インドエビもホワイトエビと呼ばれています。

英語名はIndian white prawn。

学名はPenaeus indicus

標準和名 インドエビ

一般的名称 エビ
消費者庁「標準和名のサイト」参照
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/hyouzi/pdf/siryou2-7.pdf

東南アジアに広く分布しています。

広く分布していることから、現在では、この種のほうがホワイトエビとして出回っていると、考えられます。

ホワイト系バナナエビ

そしてバナナエビもホワイトエビと呼ばれています。

学名はPenaeus merguiensis

標準和名 なし

一般的名称 バナナエビ

このバナナえびもホワイト系のエビです。

こちらもホワイト、として出回っていると思われます。

バナメイエビと名前が似ています。

そのため、混同する場合がありますが、別種です。

ちなみにバナメイエビは以下の通りです。
学名 Penaeus vannamei
標準和名 シロアシエビ
一般的名称 バナメイエビ

詳しくはバナメイエビの欄でお伝えします

ホワイトエビの漁獲から流通

ホワイトエビは、籠に餌を仕掛けたり、網などで漁獲します。

漁師さんたちが漁獲したものをマーケット(市場)へ持ち込み、値段がつけられています。

天然なので海老の旨味がしっかりとあります。

漁師さんがマーケットへ持ち込むまで時間がかかると、それだけ鮮度が劣化します。

車海老の代替え品として、東南アジアから輸入されました。

こちらのエビがパックされて、スーパーマーケットの冷凍ケースに並んでいます。

価格は車海老よりは安いのですが、天然ということもあり、少し高めです。

ホワイトえびの美味しい食べ方

ホワイトえびは天ぷら、焼き物、エビチリなど、どれをとってもクセが少なく、美味しい海老です。