あんこうの吊し(つるし)切りってご存知ですか?

アンコウを上からぶら下げて切り分けていく方法です。

アンコウは切りづらい!

アンコウはぶよぶよしているので、まな板の上では切りづらいです。

つかみどころがないので、大変です。

そのためアンコウは吊して切ります。

フックをアンコウの口に刺して吊して切り分けます。

こうすると切り分け安い、と言われます。

でも実際、魚屋さんは小さいアンコウはまな板の上で切っています。
その方が作業効率がよいし、仕事がしやすいのだとか。

普段まな板での仕事に慣れていると、まな板のほうが楽なのですね。

普段の延長で仕事が出来ます。

吊るし切りは準備が大変!

吊す、といっても吊す場所もない場合がほとんどです。

アンコウを専門に加工する工場ならいざ知らず、魚屋さんだと、アンコウだけ切っている訳ではありません。

日常切る魚の中でアンコウはほんの一部です。

吊すには天井の補強や下で受ける準備が必要

また、吊るすには天井を補強して、フックもつけなくてはなりません。

下にバットなどを用意して、落ちてくるアンコウを受け止める準備も必要です。

まあめんどくさい、というのが魚屋さんの本音のようです。

もちろんショーとしてつるし切りの実演などを行うことはあるようです。

それでも大きいアンコウは吊す

ただ、大きいものはやはり吊るした方が切り分けやすいそうです。

8キロ以上の大きさになると、吊るした方が楽だそうです。

アンコウの吊し切りが見られる時期

アンコウの吊しぎりはアンコウの旬である、冬に見られます。


スポンサーリンク

アンコウの吊し切りが見られる場所

アンコウの吊し切りはどこで見られるでしょうか。

例えばアンコウ祭り、などを開催しているところがあります。

茨城県大洗アンコウ祭り

にいがた観光ナビアンコウ祭り

こういうところだと、アンコウの吊し切りが見られます。

こういうところでダイナミックなアンコウの吊し切りをご覧になるのもよいと思いますよ。

ついでにアンコウを味わって見てくださいね。