南蛮エビと甘エビ。寿司や刺身、唐揚げで美味しいエビです。これらはなにが違うのでしょうか。

南蛮エビと甘エビは同じエビを指す

これらは今では同じタラバエビ科のホンホッコクアカエビとホッコクアカエビの両方をさした呼び名となっています。

消費者庁の「魚介類の名称ガイドライン」によりますと、

ホッコクアカエビは一般に使用される和名として

  • ナンバンエビ
  • アマエビ

となっています。

PDF のため、リンクを貼れませんでした。以下のワードで検索してみてくださいね!

消費者庁の「魚介類の名称ガイドライン

南蛮エビとは

南蛮エビは、ホッコクアカエビの別名です。南蛮(鷹の爪・唐辛子の別称)に色や見た目が似ているのでこう呼ばれます。

南蛮エビは、日本近海やロシアなどの太平洋で漁獲されます。

ホッコクアカエビというのは標準和名です。

学名はPandalus eousというそうです。読めませんが。

甘エビとは

「甘エビ」の名称は、もともと大手水産商社のニチレイさんが付けた名前です。

ニチレイさんがグリーンランドで獲れるホンホッコクアカエビを甘エビとして売り出したのが、定着したのです。(ホンホッコクアカエビは下記で説明します)

以下、ニチレイフレッシュさんのページより引用です。

1981年 グリーンランド沖で『甘えび』漁を本格開始。『甘えび』の名づけ親、『甘えび』事業のパイオニアとなる。

https://www.nichireifresh.co.jp/company/

というわけで、グリーンランドのえびを「甘エビ」として売り出したのですね。

ということはホンホッコクアカエビのことを甘エビ、と呼ぶのでしょうか?

必ずしもそうではありません。でも甘エビの名前がひとり歩きして、北欧のホンホッコクアカエビのことを甘エビと呼ぶ人もいまます。

ちなみに北欧のホンホッコクアカエビと日本やロシアで獲れるホッコクアカエビは同じタラバエビ科のエビですが、別種です。

ホンホッコクアカエビは、学名はPandalus borealisというそうです。

ロシアで獲れるホッコクアカエビを特に「ロシア南蛮という」

水産業界では、ロシアで漁獲されるホッコクアカエビを「ロシア南蛮」と読んでいます。

水産業界では、日本・ロシア産は南蛮エビ、北欧産は甘エビ、と呼ぶ

水産業界では日本やロシア産のホッコクアカエビのことを南蛮エビと呼びます。

また、北欧産のホンホッコクアカエビのことを甘エビと呼ぶことが多いです。

でもそれもだんだん変わりつつあります。両方とも「甘エビ」と呼ぶことが多くなってきています。

一般家庭では南蛮エビと甘エビは同じ意味になりつつある

今では南蛮エビと甘エビは同じ意味になりつつあります。特に一般家庭ではそうですね。

南蛮エビと甘エビの違いまとめ

というわけで、南蛮エビと甘エビの違いについてみてきました。

まとめると

  • 南蛮エビも甘エビも同じエビを指すことが多い
  • 南蛮エビは太平洋で獲れるホッコクアカエビのことを呼ぶ
  • 北欧で獲れるホンホッコクアカエビを甘エビと名付けた
  • 一般家庭では南蛮エビと甘エビの違いはない

ということでした。

南蛮エビも甘エビも、正式名称ではなく、呼び名です。そしてすでに定着しています。なのでどちらで呼んでも間違いはないですね。