日本航空の関連会社でJALUXという会社があります。

食品を輸入する会社です。

私もここの会社の冷凍食品や寿司ネタを扱ったことがあります。

その会社が2021年9月24日、ノルウェー産の生のサバを空輸し始めました。

JALUXのページ参照

ロシア問題の影響もありますので、2022年ははたしてやってくるのでしょうか?

サバヌーヴォーとは?

サバヌーヴォーはボジョレーヌーヴォーのように「新物のサバ」いう意味合いです。JALUXが名付けました。

JALUXが新物ノルウェー産さばを生のまま空輸して流通させています。

ちなみにヌーヴォーはフランス語で「新しい」という意味です。

2022年も9月16日にサバヌーヴォーがやってきた!

そして2022年もサバヌーヴォーがやってきました。

JALUXのページ参照

昨年は9月24日だったので、少し早いですね。

シルバーウィークに間に合わせた感じですね!

値段は昨年よりも高い

ロシアの上空を通過出来ず、迂回するためコストはかかっていると思います。

また、昨年よりも円安なので、それも価格が高くなる一因ですね。

サバヌーボーの基準

サバヌーボーと呼ぶのには基準があります。

  • 脂肪率約30%以上
  • 重さ500グラム以上

以上のものに名付けられています。

脂肪率30%以上とかなり脂がのっていますね。

八戸市のブランドサバ「銀サバ」の脂質の基準は15%以上です。

それに比べると、かなりの脂質であることがわかります。

さすがに北欧の水産物ですね!

※ただし銀サバは重量基準が550g以上なので、実際の脂質は15%以上あると思われます。

参考記事

銀さばとは?基準は?青森県八戸市のブランドサバ!

サバヌーヴォーで秋の水産品を盛り上げてほしい!

サンマも秋鮭も水揚げが悪いので、こういう旬の商材はうれしいですね。

話題があっていいですね。

audibleなら月1冊聴けば元がとれます。