よくスーパーで生食用わかめが販売されていますね。

これは実際に生でそのまま食べれるかどうか検証してみました。

生食用わかめは生でそのまま食べられる!

生食用と書いて販売されているわかめは生でそのまま食べられます。

生食用として販売されていたわかめ。

お店の方がそれ用に塩抜きして洗って販売しています。

またはわかめメーカーの方で生食用に仕上げてそれをスーパーでパッキングしていることもあります。

いずれにしても「生食用わかめ」と書いてあれば生でそのまま食べられます。

ただし 一度さっと水で洗ってくださいね。

生食用わかめを買ってそのまま食べてみた!

生食用わかめとして販売されていたわかめを購入してそのまま食べてみました。

結論から言うと問題なく食べられます。

その後水洗いもして食べてみました。

どちらも塩分もなく汚れもなくそのまま利用できました。

ただし、パッキングした時のゴミなどが入っている可能性もあるのでさっと水で洗うのがおすすめです。

生食用わかめは湯通ししてある!

生食用わかめは生のわかめを一度湯通ししてあります。

生のわかめを1回湯通しして、色を出し、くさみを消しています。

生わかめはそのまま食べられない!

ネーミングがややこしいですが「生わかめ」というのも販売されています。

生わかめが収穫されたままのわかめだとすると、これは固くて食べられません。
色も良くないです

塩蔵わかめでも生わかめとして販売されている場合がある

大変ややこしいのですが生わかめとして販売されていても塩蔵わかめの場合があります。

これは塩を落としたらすぐに使えるよ、湯通ししてあるよ、という意味で生わかめとして販売されています。

こういう表示は本当にやめていただきたいのですが現状はこのように販売されています。

わかめの生食用はそのまま食べれる!のまとめ

というわけでわかめの生食用についてみてきました。まとめると

  • 生食用わかめはそのまま食べられる
  • 生食用わかめは湯通ししてある
  • 生わかめは湯通ししていないかもしれません
  • 塩蔵わかめを生わかめとして販売していることも!
  • 生食用以外は塩抜きや湯通しの必要がある
  • わかめは紛らわしいネーミングが多い

ということでした。

生食用として販売されている場合は家に帰ってすぐそのまま食べられます。

お気軽にサラダなどに利用してみてはいかがでしょうか。