そろそろ節分の季節になりました。

2021年は124年ぶりに2月2日でした。2022年はまた2月3日に戻るそうです。ヤフーニュース参照

節分のお魚は何を買えば良いでしょうか。

以前は節分にイワシだった!

以前は節分でたべる魚というとイワシでした。

イワシの頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して玄関に飾ると、鬼が寄りつかないそうです。鬼避け、というと鬼滅の刃みたいですね。

近年は恵方巻に主役の座を奪われた感があります。 それでも水産コーナーではまだまだイワシしに関しては 力を入れて販売するところもあります。

逆にイワシは売れないからと言って力を入れないところもあります 。

水産品でせっかく節分にちなんだものなので力を入れて販売すればいいのになあとは思います。

節分に恵方巻きの具を販売!

恵方巻き用の長い具を販売するところもあります。

今年は外食するというよりも家の中で楽しんで巻く、という需要を狙っていると考えられます。

今年は豊作や疫病を予言する妖怪「アマビエ」にちなんで甘エビを販売するのも面白いと思います。

そんな中で恵方巻きの具を販売したいものです。

  • 甘エビ
  • 寿司エビ
  • いくら
  • 数の子
  • マグロ
  • サーモン
  • ホタテ

こんなものを販売すると良いのではないでしょうか?

節分に販売する水産物まとめ

というわけで、節分に販売する恵方巻きについてみてきました。

まとめると

  • イワシの販売は縮小傾向ただし力を入れているところ力を入れないところがいい温度差がある
  • 厄除けの妖怪アマビエ様にちなんで甘エビを販売

といったところですね! 参考にしてみてくださいね。