カラフトマスと青ます、建網ます。実は呼び方が違うだけで同じ魚です。

どれも正式には「カラフトマス」といい、サケ目サケ属の魚です。

青ます、建網ますと、獲れる時期で呼び名が変わってきます。

春に獲れたカラフトマスを青ます(流通名)、と呼ぶ

カラフトマスのうち、春に採れるものを「青ます」と呼んでいます。特に市場関係者や、加工業者からこのように呼ばれています。

カラフトマスは、春のゴールデンウィーク頃に北海道の太平洋側~道東地区沿岸に近づきます。産卵前に豊富なエサを求めるためだったり、陸づたいに故郷を目指すためだと言われています。

これらのカラフトマスは、夏にロシアや北海道のオホーツク海沿岸へ遡上する群と考えられています。

春のますは若く、生殖器も未発達ですまた旺盛な食欲でエサを食べています。なので、脂も乗っています。また、市場でもの評価も高いです。

この若いカラフトマスは、上から見ると背が青々としているのですね。なので「青ます」と呼ばれています。

【PR】

カラフトマスを夏に獲ると建網ます(たてあみます・流通名)と呼ばれるオホーツクサーモンとも!

夏にもカラフトマスが獲れます。この時期に採れるカラフトマスは、建網ます(たてあみます)、と呼ばれています。

成熟したカラフトマスは、夏に産卵のため川に近づきます。

川に近づくため、「建網」と呼ばれる定置網で漁獲します。魚の通り道に仕掛ければ、勝手に網に入ってくれるのだすね。

この頃獲れるカラフトマスは、建網ますと呼ばれています。こちらも水産関係者、加工業者の呼び方です。

一般的に建網ますの評価は低いです。産卵時期にあるため 白子や卵などに栄養を取られて、おいしさがなくなってしまうからです。それでも早い時期(お盆前)ですと、そこそこ美味しいです。お盆開けになると、極端に脂が落ちます。

また最近では建網ますですとイメージが悪いため、オホーツクサーモンとしてブランド化し、売り出している地区もあります。

セッパリマスとは俗称

セッパリマスは、成熟して背中が出っぱったマスのことです。川に登ったころに背が盛り上がります。

ほとんど商品価値はなく、市場には出回りません。

カラフトマス、青マス、建網ます、セッパリマスの違いについてのまとめ

というわけでカラフトマスと青マス、建網ます、セッパリマスについての違いを見てきました。

青ますというのはカラフトマスのうち春に採れるもの、ということでした。

また建網ますは夏に獲れるカラフトマス、さらに川に登って背中が出っぱってくるとセッパリマス、と呼ばれるのでした。

参照ご参考になさってください。