こんにちは!すじこってご存知ですか?おにぎりや、温かいごはんと一緒に食べると美味しい、あれです。でもすじことイクラの違いがいまいちわかりづらい。そんなすじことイクラの関係を解き明かします!

すじことは、イクラの素!イクラとの違いは膜が付いているかどうか

すじこ(筋子)とは、サケ類の卵の、すじ(膜)が付いた状態のことを言います。鮭の卵はお腹にあるときは 膜(筋=すじ)に覆われています。 これをすじこ(筋子)と呼んでいます。

そして膜を外すと一粒一粒バラけたイクラと呼ばれる状態になります。

いくらはすじこから、すじ(筋)と呼ばれる膜を取り除いた状態です。なので、「すじこはイクラの素!」と書いてみました。

下の写真はすじこ(生)です。

すじこ。筋(膜)が付いている。

↑上の写真は「すじこ」です。膜で卵同士がくっついています。

それで、下↓がイクラです。

いくら。

一粒一粒独立してきますよね。これがイクラです。

膜を外しただけで、なんで名前が変わるの?と思われたかもしれません。でも名前が変わるほど、味も変わるんです。そんなすじことイクラの味の違いも見てみましょう。

すじことイクラの味の違い。すじこはくさみがある

筋子には独特のくさみがあります。魚くさいというか。でもすじこには、独特の旨味もあります。この旨味を覚えたら、やみつきになります。

イクラはくさみはほとんどありません。食べやすいです。ただ、コクはすじこよりも少し劣るでしょうか。

子供はイクラ好き、すじこは「大人の味」?!

すじこはくさみがある、と書きました。子供はこのくさみが苦手なことが多いようです。子供はどちらかと言えばいくらのほうが好きですね。いくらの状態になるとくさみが取れます。

私も子供のころはすじこが苦手でした。どうも魚のくさみが気になって仕方なかったのです。

でもいつしかそのくさみが気にならなくなりました。そして今ではすじこのコクにはまり、大好きな食べ物です。

大人になるとすじこが好きになるのかもしれませんね。

すじこの種類いろいろ

また、すじこは加工や魚の種類によっていろいろな商品が販売されています。

秋になると、自家製イクラ醤油を作る用の「生のすじこ」が販売されます。

生すじこからイクラ醤油漬けを作る記事もご参照くださいね!

生すじこからイクラ醤油漬けを作ってみた

塩漬けにした「塩すじこ」や醤油などで味付けした「すじこ醤油漬け」、「味付けすじこ」などもあります。

あるいはマスのすじこの「ますすじこ醤油漬け」などがありますね。「マスすじこ醤油漬け」は「ますこ醤油漬け」と呼ばれたりもしますね。

ますこに関しては以下をご参照くださいね!

ますことは?ますの卵!

上記の、つぶつぶの状態ですよね。寿司などで大人気です。

すじこの食べ方、すじこ料理など

すじこは塩漬けや醤油漬けのものを食べます。塩すじこや醤油漬けはそのままご飯と一緒に食べるととてもご飯が進みますね!またおにぎりにしても美味しいですよね。すじこのおにぎりはコンビニの人気商品ですね。

すじこは加熱せず、生で食べるものです。

生の筋子はそのまま食べることはないようです。以下に解説するように、いくらを作る材料として使います。

すじこの値段は?高級食材?

すじこの値段は高いです。

特に2020年の秋鮭が不漁だったので、値段が上がりました。100gあたり1000円以上と庶民にはつらい値段になりました。また、生すじこはそれでも100g680円などで特売されていたので、買って自家製の醤油漬けやいくらを作った方も多かったです。

安い時でもすじこの醤油漬けは100g680円以上はします。お中元やお歳暮で送ったら喜ばれますし、もらったらうれしいですよね。

お得な紅サケのすじこは以下からどうぞ!↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特上 紅鮭筋子醤油漬け 1kg
価格:11880円(税込、送料無料) (2021/2/3時点)

楽天で購入

すじこにもいろいろな種類があります!味や粒の大きさが違うよ!

すじこにもいろいろな種類があるってご存知でした?鮭の種類によっていろいろな種類のすじこがあります。

秋シャケ生すじこ

日本で獲れる秋鮭からとれるすじこ。こちらは主に秋、生すじことして出回ります。家庭でいくら醤油漬けを作る材料として販売されています。また、アメリカなどからシロサケという、日本で獲れる鮭と同種のすじこも輸入されています。こちらはアラスカの工場で塩漬けにされ、冷蔵で空輸されたり、冷凍のものを船で日本に持ってきます。粒が大きく、コクと旨味が豊富です。

ますすじこ(ますこ)

マスという、鮭の仲間のすじこです。鮭よりも粒が小さく、価格が安いのが特徴です。アラスカやロシア、北海道産が多いです。安価(100g298円~450円!)で美味しいので、人気があります。

紅さけすじこ

紅さけのすじこもあります。こちらは主にアラスカから空輸や船便で輸入されます。初夏にアラスカで獲れる紅サケのすじこを塩漬けにして、チルドのまま日本に空輸されます。美味しいですよ。

こちらの価格は100g580円以上と、ますすじこよりすこし高い印象です。でも紅さけ特有の濃い旨味がたまりません。粒はますすじこよりもさらに小さ目です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特上 紅鮭筋子醤油漬け 1kg
価格:11880円(税込、送料無料) (2021/2/3時点)

楽天で購入

日本で販売されているすじこは主に上記の通りです。

アメリカなどではキングサーモンのすじこなどもあるそうですよ!うらやましいですね。一度食べてみたいものですね。

すじこからいくらを作る

このすじこから、いくらを作ってみました。

まず生のすじこを買ってきます。

生筋子

上の生のすじこから・・・

いくらを作る。

テニスラケットにこすり付けてすじ(膜)を外していきます。

つぶつぶのいくらになりました。

上記のいくらを醤油漬けにしていきます。醤油と酒、みりんを調合した液に一晩漬けます。

自家製いくら醤油漬け

すじこから美味しいいくらの出来上がりです。

くわしい作り方は以下のページを参照してみてくださいね。

いくら醤油漬けの作り方★生の筋子からいくら醤油漬けを作るレシピ↓↓

https://fish-neta.com/make-ikura/

すじこに寄生虫やアニサキスはいないのか?

すじこに寄生虫やアニサキスはいないのでしょうか。

私の経験上、すじこに寄生虫やアニサキスがいたことはありません。アニサキスは鮭の内臓に寄生しています。鮭が死ぬと内臓に移動します。このとき、すじこにアニサキスが付くことも考えられます。ただ、卵の中には入れないようです。また、塩漬けや醤油漬けのすじこは、自家製でない限り、ほぼ一度は冷凍されたもの。冷凍するとアニサキスなどの寄生虫は死ぬので、心配はいりません。生のすじこからいくらを作るときや自家製のいくら醤油漬けを作るときは目視で確認するようにしましょう。

すじこ(筋子)とは?のまとめ

というわけですじこについて、みてきました。

まとめると

  • すじこは鮭の卵に筋と呼ばれる膜がついた状態のことです。
  • 筋子(すじこ)の親は鮭です。
  • すじこはすこしくさみがある
  • すじこは旨味がある
  • すじこはご飯との相性が抜群!
  • 売っているすじこ醤油漬けはアニサキスの心配はない
  • 自分で生のすじこからいくらや醤油漬けを作るときはアニサキスがいないか目視で確認する
  • すじこには秋鮭のすじこ、ますのすじこ、紅サケのすじこなどがある

ということでした。

参考になさってくださいね!