かつおのたたきのサイズ1.5上、1.8上、2.5上、4.5上とは一体どういう意味でしょうか?

かつおのたたきでよく聞く1.5上(上=かみ、と読みます)、1.8上、2.5上とはいったい何でしょうか?

かつおのサイズの1.5上、1.8上、4.5上とは?

1.5上などの数字はカツオの一本あたりの重量のことです。

”上”というのは英語でいうところのUP、〇〇以上、という意味です。

なので1.5上まるごと一本(ラウンド)の重量が1.5 kg 以上という意味です。

その大きさの魚体の物を加工しているという意味なんです。

同じように1.8上というのは魚が1.8kg オーバーのものを加工しているという意味です。

じゃあ1.8上も広い意味では1.5上じゃないのかという話なんですがそうではありません。

1.5上と言うと大体1.5kgから1.8kgの間という意味になります。

1.8上と言うと大体1.8 kg からkg5 km の間というような意味になります。

ちなみにカツオの大きいものだと4.5上とか6上なんてのもあります。


スポンサーリンク

かつおの年齢

かつおのサイズから年齢を見ていきましょう。

1.5上~1.8上は大体2年魚です。

4.5上というと大体3年魚になってきます。

かつおは長いもので10年くらい生きるとされています。

10年くらいたつと10kg以上に育つようです。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク