スポンサーリンク

しらす干しとちりめんじゃこの違いとは?

という質問をよく受けます。

イワシ類の稚魚のことをしらすと言い、それを干すと「しらす干し」です。

ちりめんじゃことは?

「ちりめん」とか「ちりめんじゃこ」とはしらすを茹でて、固くなるまで乾燥させます。

そうすると縮み、まるでちりめんのようにくしゃくしゃになります。

なので「ちりめんじゃこ(雑魚)」というそうです。

そこまで乾燥させると保存がききます。

昔は冷凍技術がないので、流通するときはカチカチになるまで干したのでしょうね。

しらす干しとは

しらす干しはしらすを茹でて干した状態のことです。

だからちりめんじゃこも「しらす干し」の一種です。

現在ではちりめんじゃこほど干さず、やわらかい状態のことを「しらす干し」言う場合が多いです。

現在は冷凍技術が発達しているので、やわらかい状態でも流通できます。

冷凍のしらす干しのパッケージには8割方、「ちりめん」などと書かれています。

これは西日本からの入荷が多いことが関係していそうです。

東日本では味も素っ気もなく「しらす干し」と呼ばれます。

西日本では「ちりめんじゃこ」と呼ばれることが多いそうです。

昔からの産地なので保存のきく「ちりめん」状態になるまでよく干していたことの名残りなのでしょう。


スポンサーリンク

しらす干しとちりめんじゃこの違いまとめ

というわけで、まとめると

しらすを干す→しらす干し→ちりめんのようだから→ちりめんじゃこ

・しらす=いわし類の稚魚
・しらす干し=しらすを釜茹でにして、干したもの
・ちりめんじゃこ=しらす干しの一種で、カチカチになるまで干したもの。

※ただし関西方面では昔からの産地なので保存食であるところのカチカチに干した「ちりめんじゃこ」の名前がしらす干しを指すものとして定着している。

半乾燥のしらす干しも両方「ちりめんじゃこ」と呼んだりする。

といったところです。

ご参考になさってください!!


スポンサーリンク

スポンサーリンク