こんにちは!魚やさんをやってますと、しらす干しとちりめんじゃこの違いを教えてほしい、という質問をよく受けます。

どちらもイワシの稚魚を干したもので、乾燥具合で呼び名が変わります。

しらす干しとちりめんじゃこの違い

イワシの稚魚を釜茹でにして、水分を切ったものが釜揚げしらす、と呼ばれる状態です。

しらす干しとは、その釜茹でしたイワシの稚魚を軽く干して水分を飛ばしたものになります。

ちりめんじゃことは、しらす干しをもっと乾燥させ、かためにしたものを呼びます。

以下、もう少し詳しく解説します。

しらす干しとは

先ほど述べたように、しらす干しはしらすを釜茹でにして、軽く干した状態のことです。

昔はしらす干しは産地でしか味わえませんでしたが、現在は冷凍技術が発達しているので、しらす干しの状態で流通しています。

ちりめんじゃことは?

「ちりめんじゃこ」とはしらす干しを固くなるまで乾燥させたものです。

そうすると縮み、まるで「ちりめん(縮緬=ちじれた布の意)」のようにくしゃくしゃになります。

なので「ちりめんじゃこ(雑魚)」というそうです。

そこまで乾燥させると保存がききます。

昔は冷凍技術がないので、流通するときはカチカチになるまで干したのでしょうね。

しらす干しとちりめんじゃこの食べ方の違い

それではしらす干しとちりめんじゃこはそれぞれ、どのように食べられるでしょうか。

しらす干しの食べ方

しらす干しは、ご飯に乗せて食べたり、大根おろしにかけて「しらすおろし」としても食べられますね。

ちりめんじゃこの食べ方

ちりめんじゃこは、有馬山椒を使って佃煮にしたり、炒め物に混ぜたりします。チャーハンにもよく合います。食感が固いので、そのまま食べる、というよりは料理の材料になることが多いですよね。

東日本ではしらす干し、西日本ではちりめんじゃこと呼ばれる

東日本では「しらす干し」と呼ばれている乾燥の弱いしらすも、西日本では「ちりめんじゃこ」と呼ばれていたりします。ここが少しややこしいところです。

しらすの産地としては中京から西日本にかけてが多いです。そのため冷凍のしらす干しのパッケージには8割方、「ちりめん」などと書かれています。

西日本は昔からの産地なので、保存のきく「ちりめんじゃこ」の状態になるまでよく干していたことの名残りなのでしょう。

しらす干しとちりめんじゃこの違いまとめ

というわけで、まとめると

  • 釜揚げしらす=イワシの稚魚を釜茹でにしたもの
  • しらす干し=釜揚げしらすを少し乾燥させたもの
  • ちりめんじゃこ=しらす干しをもっと乾燥させ、カラカラに乾かしたもの

ということでした。

ただし関西方面では昔からの産地なので保存食であるところのカチカチに干した「ちりめんじゃこ」の名前がしらす干しを指すものとして定着していたりします。

半乾燥のしらす干しもカラカラに干したものも、両方「ちりめんじゃこ」と呼んだりします。

といったところです。

ご参考になさってください!!