エンガワの魚はいったい何?

スポンサーリンク

寿司ネタのエンガワってご存知ですよね。

脂があって美味しいので、寿司ネタに人気ですね。

とくに回転寿司やスーパーのエンガワって価格が安くてしかも美味しい。

私も大好きです。

コリコリしてて脂が乗っていて、とても美味しいです。

こんなに安くていいのかなあ?なんて思います。

いったいこの魚は何なんだろうと思いませんか?

エンガワは何の魚?

普通の高い寿司屋さんで使っているエンガワはヒラメという魚です。

ヒラメのヒレのところについている肉ですね。

一方回転寿司やスーパーの寿司で使われいてる魚はカラスカレイやアブラカレイというカレイの仲間です。

つまりエンガワになる魚はヒラメやカレイ類なのです。

エンガワとは?

ちなみにエンガワとは、ヒラメのヒレの部分についている薄い肉のことです。

ちょうど昔の家の縁側(外と内の境目)のようだから、この名前になりました。

脂が乗っていて大変おいしい部位です。

カラスカレイ、アブラカレイはアラスカなどで獲れる、大型のカレイ

カレイと言っても日本で取れるような小型のカレイとは違います。

アラスカなんかで取れる大型のカレイ です。

大きさは平均1キロ以上。

その特徴は身に脂が乗っていること。

ほとんど脂肪、といった感じです。


スポンサーリンク

カラスカレイとアブラカレイのエンガワ、どっちが美味しい?

カラスカレイとアブラカレイのえんがわはどちらが美味しいのでしょうか。

これはカラスカレイの方が 臭みもなく食感も上品です。

アブラカレイも美味しいけど、カラスカレイよりは劣ります。

でも意外とコリコリした食感で美味しいです。

そんなに捨てたもんじゃないですね。

しかも価格も安い。

というわけで、通常の寿司屋さんの魚のエンガワはヒラメです。

回転寿司やスーパーのエンガワはほとんどがカラスカレイかアブラカレイという魚、ということでした。


スポンサーリンク

スポンサーリンク