寿司ネタのえんがわ。

脂があって美味しいので、お寿司のネタに人気ですね。

とくに回転寿司やスーパーのえんがわって価格が安くてしかも美味しい。

私も大好きです。

回転寿司のえんがわ。

コリコリしてて脂が乗っていて、とても美味しいです。

こんなに安くていいのかなあ?なんて思います。

いったいこの魚は何でしょうか?

寿司に使われるえんがわは何の魚?

それでは寿司に使われるえんがわは何の魚でしょうか。

高い寿司屋さんと、回転寿司やスーパーのパック寿司では、実は違う魚なんです。

ひらめの絵
ひらめの絵です。えんがわはヒレの付け根の筋肉です。

高級寿司のえんがわは、ヒラメ!

普通の高い寿司屋さんで使っているエンガワはヒラメという魚です。

回転寿司はカラスカレイやアブラカレイのえんがわを使う

一方回転寿司やスーパーの寿司で使われいてる魚はカラスカレイやアブラカレイというカレイの仲間です。

つまりえんがわになる魚はヒラメやカレイ類なのです。

えんがわとは魚のどの部分?

ちなみにエンガワとは、ヒラメやカレイのヒレの根元部分についている薄い肉のことです。

ヒレを動かす筋肉の部分ですね。

ちょうど家の縁側のように外と内の境目だから、この名前になりました。

脂が乗っていて食感がコリコリ!大変おいしい部位です。

通常ひらめのえんがわは、1尾で4貫ほどしか取れません。

それほど貴重な部位なのですね。

回転寿司のえんがわの魚は、アラスカなどで獲れる、大型のカレイ

先ほど回転寿司のえんがわはカレイを使っている、と言いました。

でもカレイと言っても日本で取れるような小型のカレイとは違います。アラスカなんかで取れる大型のカレイ です。その大きさは平均1キロ以上。

大型なので、1尾のカラスカレイやアブラカレイから10貫、あるいはそれ以上取れます。

また、漁獲量も多いのでコスパ最高なのですね。

そのカラスカレイ、アブラカレイですが、特徴は身に脂が乗っていること。ほとんど全身脂肪、といった感じです。

回転寿司のえんがわは脂たっぷり!

スーパーなどで買って、ちょっと脂がきついと思ったら、表面をバーナーで炙るといいですよ!香ばしく、適度に脂が落ちて美味しいです。

カラスカレイとアブラカレイのえんがわ、どっちが美味しい?

カラスカレイとアブラカレイのえんがわはどちらが美味しいのでしょうか。

これはカラスカレイの方が臭みもなく食感も上品です。
アブラカレイも美味しいけど、カラスカレイよりは劣ります。

でも意外とコリコリした食感で美味しいです。

そんなに捨てたもんじゃないですね。

同じカレイという魚だけど、えんがわの価格はどっちが安い?

カラスカレイとアブラカレイ、どちらもおなじカレイという魚ですが、価格には差があります。

単純にアブラカレイのほうが安いです。

これはおそらく味がカラスカレイより落ちるからだと思われます。

食感、香り、ともにカラスカレイのほうが上です。

えんがわの寿司は美味しい!

えんがわは大抵寿司でいただきます。

そのまま刺身で食べると、脂を強く感じます。

もちろん刺し身でそのまま食べる人もたくさんいます。

ただ私の周りの人は大抵寿司で食べていますよ。

えんがわはなぜ美味しい?

ひらめは泳ぐときに尾びれと左右のひれを動かします。

また砂に潜るときにもこの筋肉を動かします。

そのため、ひれの筋肉が発達しているのですね。

だからコリコリとした食感で、脂がのってジューシー!

コリコリしているのに脂がのっています。

これがたまらないです。

普通コリコリしているものは脂があまりのっていません。

しかしえんがわはその両方を楽しめる、というわけです。

その食感が酢飯によく合います。

回転寿司のえんがわも美味しいですよね。

えんがわの押し寿司もある!

びっくりしたのですが、えんがわの押し寿司というのもあるそうです。

参考URL神尾弁当http://www.bentou.net/product/article/%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%8C%E3%82%8F%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%AF%BF%E5%8F%B8

しかも駅弁じゃないですか!

えんがわ寿司を駅弁にしてしまうとは驚きです。

回転寿司で人気のえんがわはコスパがいい?

回転寿司でもえんがわの寿司が大人気です。

会社の先輩は「えんがわが一番コスパがいい」といって、えんがわしか食べません。

ただし、回転寿司の「えんがわ」はほとんど、「カレイ」です。

ヒラメとカレイ、何が違うかというと昔から「左ひらめ、右カレイ」と言われています。

左に目がついているものが「ひらめ」、右に目がついているものが「カレイ」というわけです。

でもこれ、例外もあるので、確実ではないそうです。

ただ、食性は結構違っていて、

  • ひらめは小魚などを大きな口で狙う
  • カレイは砂の中のゴカイなどの虫を食べる

というものです。

ひらめは小魚を狙うので、俊敏に動かなくてはなりません。

そのためにはヒレを活発に動かす必要があるはずです。

そうするとヒレに筋肉が付き、こりこりの食感が生み出されると考えます。

ここらへんが味の違いになっているのかもしれませんね。

魚のえんがわの由来とは?

縁側(えんがわ)はもともと日本家屋における、家の中と外との境界にある濡れ縁のことです。

家の端っこにある、他所様や外界との縁を結ぶ場所なのですね。

ここは通常は外に向かって板が貼ってあります。

普通廊下などは進行方向に板を貼ります。

しかし縁側は水はけがよいように外に向かって板を貼っています。

ヒラメのえんがわはこの濡れ縁に見た目が似ているので、こう名付けられました。

回転寿司ではえんがわの寿司を味わってみましょう

回転寿司のえんがわはカレイ、とお話しました。

なんだカレイか、と侮るなかれ。

これはこれでとても美味しいのです。

寒いところ(アラスカなど)で漁獲されるカレイなので、脂がのっています。

とても美味しいのに回転寿司などでは一皿100円などで販売されています。

コスパがとてもいいです。

ぜひ味わってみてくださいね。

えんがわの魚のまとめ

というわけで、えんがわの魚をまとめると

  • 通常の寿司屋さんの魚のエンガワはヒラメ
  • 回転寿司やスーパーのエンガワはほとんどがカラスカレイかアブラカレイという魚

ということでした。

通常のお寿司屋さんで食べるえんがわはもちろん美味しいです。

でも、回転寿司やスーパーのパック寿司のえんがわもなかなか捨てたものじゃありませんね。

両方ともヒラメやカレイの仲間なので、安心ですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。