今年もあと3か月となりました。そろそろなんとなくお歳暮を考える時期ですよね。2021年のお歳暮は何がオススメでしょうか。価格が高いもの、安いもの、色々ありますね。

そこでお歳暮や年末年始のご馳走向きの商品をまとめてみました。

なお、2021年末のお買い得度を独断と偏見で★(最高5つ)にて評価しています。これは主に値段で評価しています。

ズワイガニ、タラバガニのお歳暮、お取り寄せ

お買い得度★☆☆☆☆

残念ながら、今年のカニは高いです。昨年(2020年)も高かったですが、2021年はそれ以上です。ズワイガニもタラバガニも、毛がにも高いです。

なので値段だけでいうとおすすめ出来ません。

しかしカニはやっぱり美味しいし、ご馳走ですよね。高いといっても、もともと高いのでまあこんなものか、という感じではあります。

普段食べられないからこそ、贈り物や、年末のご馳走に喜ばれるのではないでしょうか。カニは他では代えがたい美味しさがあります。なので、年末くらい奮発して頼みましょう。

こちらのサイトではお買い得なカニセットもご用意しています。ぜひぜひお試しください!

数の子のお歳暮

お買い得度★★☆☆☆

数の子も★を1つ落としました。高かった昨年よりもさらに値上がりしています。また、数の子は年々人気が落ちています。

なぜ数の子の人気が落ちるのかというと

  1. 食べ方がわからない
  2. 作るのが手間
  3. それほど美味しくない(美味しいものが他にもある)

ということでした。

数の子は簡単に調理できる

1.の「食べ方がわからない」は、販売しているお店のビラを見たり、COOKPADで調べるとわかります。

実は結構簡単です。

一般的には

  1. 塩抜きして、
  2. 薄皮を剥き、
  3. 醤油とみりんで漬けて味付け

すればOKです。

このように、塩抜きと浸ける時間はかかりますが、作業自体はとても簡単です。わりと適当でもちゃんとした味になります。

パリパリで美味しい数の子も候補に加えてみてはいかがでしょうか。

こちらのサイトは実店舗も展開する信頼できるお店です。美味しい数の子をぜひ注文してみてください!

ホタテのお歳暮、年末年始のご馳走

お買い得度★★★☆☆

こちらも★を1つ落としました。昨年はコロナ渦で需要が減り、値段が下がりました。

2021年は世界的に人気が回復して、値段が上がっています。

刺身のホタテはなかなかお歳暮用の刺身用ホタテを販売を見かけません。でも貰ったら結構嬉しいですよ。

また、殻付きのホタテをオーブンやフライパンでバター焼きにするととっても美味しいです。ぜひおためしください!
おすすめの帆立はこちらからどうぞ!↓

新巻鮭のお歳暮

お買い得度★☆☆☆☆

2021年は新巻まで高いです。こちらも★を1つ落としました。それでもお歳暮と言えば新巻鮭、という方もいらっしゃいます。

最近は

  • 大きなまな板がない
  • 出刃包丁がない
  • ゴミが出る
  • 切り方がわからない

などで人気のない新巻鮭です。

それでも鮭が嫌いな人は少ないし、上のようなことがなければ、欲しい、という人もいます。

それなら初めから切ってあれば良さそうなものです。

しかし昔から「尾頭付き」が、めでたい時には珍重されますね。

そのため新巻鮭の切り身は、お歳暮としては、まだまだそれほど普及していません。
しかしこちらなら様々な新巻鮭をお取り寄せできます。↓

いくらのお歳暮お取り寄せ

お買い得度★☆☆☆☆

いくらは鮭の卵です。今年は不漁です。なので価格も高いです。

凶漁と呼ばれた2017年より少なくなりそうです。今のところ、かなり高値になっています。

それでも一年に一回くらいは喜んでもらいたい、という人におすすめです。また、年末年始くらいはたっぷりのイクラ丼を食べたいですよね。

イクラが好きな人は年に一度くらいは奮発してみましょう。いくらは美味しいですからね。

たらこのお歳暮お取り寄せ

お買い得度★★★★☆

たらこは価格が安定していますね。ここ数年、資源が安定しています。なので昨年に引き続き価格も安いです。食べても美味しいのでおすすめです。

今回、値段でいうとかなりのお買い得品ですよ!

銀ダラ・メロなどの漬け物のお歳暮

お買い得度★★★★★

こちらは★5つで値段の評価が高いです。

お歳暮として、魚の切り身の漬け物はいかがでしょうか。銀ダラやメロ、シルバーなどがオススメです。これらの魚は今年は近年で一番安くなっています。

コスパもいいし、美味しいし、おかずにもなります。非常に使い勝手がいいです。

脂がのっているので、西京風味に漬け込むと美味しいですよ!今年は安いのでおすすめですよ!

おすすめのお歳暮・最後に

いかがでしたでしょうか?今年も高いイメージのお魚達です。

他国での和食ブームや健康イメージでお魚が人気が高まっているため、高値になっています。それだけ世界では人気なのです。

日本ではどちらかというと魚離れが言われていますね。改めて魚の良さを感じていただきたいです。

そのためにもお歳暮や年末年始のご馳走くらいは魚にしましょう。