銀だらは今では高級な魚の一つです。

そんな銀だら。

カナダの「Sable Fish Canada Ltd.(以下セーブルフィッシュ)」が2007年に養殖に成功しています。

世界初だったとのことです。

銀だらを完全養殖!

このセーブルフィッシュ、どうやら銀だらを一部完全養殖しているようなのです。

hatcheryinternationalのページによると、親魚の20%はここで孵化した銀だらだそうです。

ということは、完全養殖を達成していることになります。

そして、親魚の残りの約 80% は天然のものだそうです。

これは遺伝劣勢を起こさないためと思われます。

セーブルフィッシュの養殖技術がすごい!

このセーブルフィッシュの養殖技術がすごいです。

まあ、養殖はどんなところでもすごいのですが、概要だけお付き合いください。

  1. 親魚は低密度でストレスなく育てられる!
  2. 孵化場の水質管理はばっちり!
  3. 卵の孵化は温度と塩分が制御されている
  4. 幼生の餌はワムシとアルテミアの生餌
  5. 稚魚からの餌は魚由来と、小麦大豆など植物由来のものなどを与える

ということです。

元ネタが有料記事のため、詳しくは以下をご参照ください。

hatcheryinternationalのページ参照(英語サイト)

銀だらを商業レベルで生産

セーブルフィッシュは2007 年に設立されました。

その後2014 年に「セーブルフィッシュ(Sable Fish)銀だら」として出荷が始まりました。

以降銀だらを商業養殖しています。

生銀だらの半分は日本に輸出!

この銀だら、主に日本に輸出されています。

他には米国、ヨーロッパのいくつかの国に輸出しているそうです。

カナダの国内にも供給しています。

凍結しないで生食出来る唯一の銀だら!

銀だらは寄生虫の多い魚です。

そのため天然物は鮮度の良いものでも、一度凍結する必要があります。

でもこの銀だらは、凍結せず、生食することが出来るそうです。

餌は商業用飼料を与えているので、寄生虫の心配もほぼありません。

そのため寿司屋へも供給しているそうです。

生食銀だらの味は?栄養は?

生で食べるのは美味しくない、臭みがある、という意見もあります

銀だらはオメガ3やDHA、EPAなど、人間の健康にとって不可欠な栄養素が豊富な食材です。

銀だらが完全養殖されている!?凍結せずに生食出来る唯一の銀だら!まとめ

というわけで、銀だらが生食向けに養殖されている、という話でした。

寄生虫がいなくて、サステイナブル。

夢のような銀だらですね。

この記事をまとめると

  • 銀だらはカナダで養殖されている
  • セーブルフィッシュという会社が養殖している
  • 銀だらの完全養殖を達成している
  • 凍結せずに生食出来る唯一の銀だら!
  • 味は生臭い?

ということでした。

元の記事に加筆しています。

元記事が有料のため、概要だけ紹介しました。

この会社、孵化や養殖システムが素晴らしいです。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

hatcheryinternationalのページ参照(英語サイト)

audibleなら月1冊聴けば元がとれます。