近年温暖化の影響か、今までそれほど漁がなかった地域で、南方の魚が漁獲されています。

真ふぐの刺身。

トラフグもその一つです。
もともとの産地では乱獲のためか、資源減少が示されています。
でも新潟県では以前見かけることが少なかったトラフグが水揚げされています。

ただ、需要がないので価格は安くなっています。
という記事を以前に書きました。

トラフグとマフグのハイブリット雑種が出てきた!

それが最近ではトラフグと真ふぐ?と思われるハイブリット種が出てきています。

近似種のハイブリットは紅ズワイガニとズワイガニのハイブリットがいるという記事を書きました。

今度はトラフグと真フグのハイブリットです。

https://www.j-cast.com/2017/05/29299139.html?p=all
上記の記事でも「雑種フグ」が紹介されています。

ゴマフグとショウサイフグの雑種とのことです。
記事にもありますが、一方の特徴のみを引き継いだり、両方の特徴を引き継いだりしています。

トラフグと真ふぐのハイブリッド雑種は食べられない?!

雑種なので、親と同じ場所に毒があるとは限りません。

ゴマフグとショウサイフグは筋肉と精巣はいずれも食用だが

と前述の記事に書いてあります。

参照:「雑種フグ」が食卓を脅かす 毒がどこにあるか分からない