魚の漬け込み、適当にやっていませんか?

人が勘で漬け込むと、味がまばらになったりします。

よく料理人の人は 自分の味覚を信じて味付けします。

ところが毎回同じ味が出ないとまずいですよね。

そのためにレシピがありますよね。

その時に便利なのは塩分計です。

会社でも買いました。

それによって 今まで適当に振り塩していたものを塩度を計りながらやるので 仮説検証ができます。

どのくらいの塩加減で漬けたら塩度が何パーセントになる、分かるようになってくるんですよね。

これは便利です。

一般的な塩焼きの塩度は?

ちなみに一般的な魚の塩焼きの塩度は3%くらいです。

このぐらいだと鮭の塩焼きなどでも甘口と言われています。

ちょっと物足りない、という人もいます。

中辛の塩度は?

塩度5%になるとちょっと塩辛くなります。

「中辛」なんて呼ばれたりもします。

もちろんメーカーによって中辛の基準は違います。

辛塩の塩度は?

辛塩、ということになると塩度計で8%くらいです。

辛塩は汗をかく夏場に需要があります。

汗をかくと塩分が排出されてしまいますからね。


スポンサーリンク

塩分計で塩度を計って調整しよう

これまで見てきたように、塩度を計って魚仕込むと、製品のブレが少なくなります。

また、夏はしょっぱくしたり 冬は甘塩にしたり と工夫するのも面白いですよ。