ニシンの仲間は北半球の寒い地域に生息しています。

しかし産地によって数の子の味は全然違います。

卵を産み付ける場所が砂地だったり岩場だったり、その違いで数の子の食感が変わってくるんですね。

数の子は寒いところで産卵すると皮が固くなる!

ニシンの卵、数の子は寒いところで産卵されると皮が固くなります。

ニシンは卵を寒さから守るため、皮を厚くするのですね。

それからカナダはアラスカから見ると南です。

南ということは海が暖かいということです。

もちろん、アラスカと比べれば、という意味です。

暖かいので、皮が薄くなります。

そのためカナダの数の子はアラスカから見ると皮が薄いのです。

数の子は寒いところでは大きくなる!

数の子の親であるニシンは寒いところに生息しているものは大きくなります。

餌が豊富なこともあります。

それから体の表面積が2倍になると、体積は3倍になります。

そのため熱が奪われる量も2倍になるが、発熱量は3倍になる、ということもあります。

つまり寒いところでは大型化した方が有利、という仮説もありますね。

とにかく親ニシンか大きいので卵も大きくなります。

砂地で産卵される数の子は固くなる?

アメリカ大陸の西海岸では砂地が多く、ニシンは卵を昆布に産み付けます。

昆布は揺れ動くので、パン食い競走のように補食されにくいのです。

これほ以前の記事に書きました。

なのでアメリカ大陸の西海岸は食感が固くなります。

逆に東海岸は岩場が多いです。

ここでは岩の隙間に卵が入り込むように卵はほぐれやすくなっています。

数の子の産地別に食感の違いを擬音で表現!

以上のことを踏まえて、数の子の産地別に、食感を擬音で表現してみます。

カナダ産(西海岸)の数の子

バリバリの食感です。

今現在はこのカナダの数の子が最高の品質、とされています。

アラスカ産の数の子

ガリガリと、カナダよりも固めのイメージです。

大きくて見栄えの良い数の子です。

食感がカナダより固めです。

そのため、評価は2番目、3番目になります。現在の数の子のメインの産地ごアラスカです。

ロシア産数の子

パリパリとした食感です。

ロシアの数の子はほとんど北海道産の数の子と同じものです。

昔はこの魚群が北海道や日本海側に来ていたと考えられています。

今は温暖化の関係か、北海道にはあまり来なくなりました。

もっとも、ここ最近は北海道でも少しずつ増えてますけどね。

そしてここの卵はまだ暖かい地区なので、数の子が小さいです。

そして皮が薄いです。

昔の日本人が食べていた数の子に非常に近いです。

しかし市場での評価は3番手くらい。

認知度が低いですね。

カナダ東海岸産の数の子

カナダも、西海岸と東海岸では全然食感が違う、という話をしました。

東海岸のものは業界ではイースト(東)、と呼ばれています。

こちらは卵が弱く、シャクシャク、といった食感です。

最近はこのイースト物の味付きが大人気です。

多少食感が弱いですが、価格が安いので、販売のメインになっています。

世界の数の子、最後に

というわけで世界中の数の子の 産地による違い テーマに書いてみました 産み付ける場所による卵の違いに関してはこちらの記事をご覧ください