刺身わかめとは?

刺身わかめ、という名前を聞いたことはありませんか?
あるいはお刺身用わかめ、という名前で販売していることもあります。

これはいったい何のことでしょうか。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちらから。

刺身わかめはただの商品名だった!

刺身わかめとは、ただの商品名です。
刺身でも食べられるほど鮮度と味がいいですよ、中国産とは違いますよ、という気持ちで付けた名前だと思われます。

その証拠に刺身わかめの裏の表示を見てください。
「湯通し塩蔵わかめ」と表示されています。
これが国から許可された「名称」です。

商品名はいろいろな、売れそうな名前をメーカーが考えてつけます。
ただし、あまり誤解を受けそうな商品名だと消費者庁から指導が入ります。

なので刺身わかめ、刺身用わかめは「自信をもって販売できる、美味しいわかめ」というくらいに思ってください。

湯通し塩蔵わかめは脱水して塩漬けにしてあります。
これは保存性を高めるためです。

このわかめを塩抜きして、水を吸わせて使います。
こうすると水を吸って膨らみます。
なので、重量が増えます。

といっても塩が落ちますので、塩が落ちた分が戻る感じです。

塩分含有量で違いますけどね。

なので湯通し塩蔵わかめは

  • 脱水
  • 塩分含有量

によって値段が変わります。

このあたりに注意して選んでみてくださいね。

もう始めましたか?私は昨年はこれを頼みました↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】20-68 オホーツク産ホタテ玉冷大2kg
価格:20000円(税込、送料無料) (2020/11/26時点)